ゴミ屋敷

ゴミ屋敷を防ぎやめさせる方法

大阪でゴミ屋敷になる理由として、ADHDといった発達障害や、買い物依存症のような精神的な問題がある、あるいはモノを片付けること、ゴミを捨てることに意味を見出せない(過去の思い出が詰まっているから・もったいないから・いつか使うから)、ゴミの捨て方がややこしくて理解できない・・・といったものがあるかと思いますが、同居している人がいれば、防ぐことも可能だと思います。
私の場合、かつて大阪で同居していた主人は清潔好きであったため、ゴミは率先して捨ててくれていましたし、片付けられずモノだらけになっている部屋を見て、一つ一つ要るモノ・要らないモノに分けて捨てるという作業を手伝ってくれていました。それでも他の家庭よりはずっとモノは多かったと思うのですが、悪臭が漂うほど酷い部屋にはならずにすみました。
こちらも、一応は主人に気をつかってモノを買おうと思っても遠慮することもありました。また、滅多にありませんでしたが、来客もありましたので、嫌でも片付けざるを得ないということがありました。現在は大阪で一人暮らしのため、ゴミ屋敷の一歩手前でも注意してくれる人もありませんし、来客もありません。
私のように孤独で人付き合いが少ない人はゴミ屋敷になりやすいと思います。業者ではなく、どなたか心を許せる方ができ、注意してくれたり応援してくれれば頑張って片付けようと思うのになと思ったりもします。

ゴミ屋敷の撤去の費用は税金で負担?

ここ十数年ほどでテレビなどのメディアに取り上げられるようになった大阪のゴミ屋敷、悪臭を放ちねずみやゴキブリがわき不衛生なだけでなく、敷地からはみ出たゴミが道路にまで散乱したり、火災の原因になるなどなにかと迷惑な存在です。家主がゴミの撤去を頑なに拒否する場合が多く、いくら迷惑と言っても私有地のゴミを家主の許可なく撤去するのは難しいため近隣住民や自治体も頭を悩ませていました。そこでここ数年、ゴミ屋敷を強制的に撤去できるように条例改正を行う自治体が出てきました。自治体はごみ屋敷を強制撤去に乗り出しました。
京都市は2015年11月13日、右京区の「ごみ屋敷」に対し道路など屋外に置かれた物を行政代執行で強制撤去しました。これは京都市の「ごみ屋敷対策条例」に基づくもので私有地の強制撤去としては全国初でした。しかしこのような条例改正を行っている自治体は少ないのが現状で、毎日新聞の調査によると全国の政令指定都市・県庁所在地・東京23区のうち、条例を制定しているのは2016年10月時点で16市区に止まっています。
ところで大阪のゴミ屋敷の撤去費用は誰が払うのでしょうか?強制撤去の費用を家主に求める条例は東京都杉並区、大田区、荒川区などが定めています。しかし「お金がない」などと家主が払わないケースも多く結局は税金負担となる例が多いようです。迷惑な大阪のゴミ屋敷を撤去するためには仕方ないとはいえ納得がいきませんね。

ゴミ屋敷になりやすい人の傾向

大阪のゴミ屋敷生活を体験したことのある方は意外と普通の人がなることが多いです。もともと片付けが全く出来ず自宅が散らかり放題でも何も感じない方が、気が付けばゴミ屋敷になっているケースもありますが、それ以外の方がゴミ屋敷になる条件に大きく関連してくるのが、その時の精神状態や仕事場・家庭内でのストレスが原因でゴミ屋敷になってしまうことがあるということです。
今ではゴミ屋敷が発展するとメディアが特集で取り上げたり、ゴミの山の中で生活している環境の映像がTVで流れることもありますが、以前は映像で見て「酷い環境だな」と感じていた方が数年後には大阪でゴミ屋敷で生活している可能性もあります。現在日本の物件の約1割の物件がゴミ屋敷であるという統計も驚くべき数字です。
普通の方が陥る状況としては、まず心が満たされていないという精神状況になります。原因は人により様々ですが、仕事場での人間関係の悩み・仕事のミスが重なってしまったストレス等で心に大きな負担がかかってしまうと自宅に帰宅後片付ける気力もなくなり、どんどんゴミが溜まりいつの間にかゴミ屋敷になっていたというケースもあります。
また家庭内で結婚相手に愛情がなくなるのに比例して家や部屋への愛着もなくなり散らかし放題でも何も感じなくなりゴミ屋敷になるケースもあります。大阪でゴミ屋敷になる方は精神状態に大きく起因しているため、意外と身近な問題だと感じています。


なかなか片付けが上手くいかず、ゴミ屋敷に悩まされているという方も大阪では多いはずです。それならば、ゴミ屋敷を大阪で解決してくれるこちらの業者に助けを求めてみてはいかがでしょうか。大阪でゴミ屋敷にお悩みの方にはぴったりだと思いますので、ぜひ。

information

TOP